超オススメ!台北のアートスポット華山1914文化創意產業園區で國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展を観てきた

ということで、ぶらり週末台湾の旅。前回の記事の続きになります。

目的地「華山1914文化創意產業園區」へ

台北の「華山1914文化創意產業園區」へ来ました。
15

華山1914文化創意產業園區

この「華山1914文化創意產業園區」はMRT忠孝新生站から徒歩10分ぐらいのところにあります。
お仕事でお世話になっているイラストレーターの方からも台北の「華山1914文化創意產業園區」は面白いという風に聞いていました。
アート系のイベントやライブなども数多くやっていたり、センスの良いお店も並んでおり、カルチャーの発信源みたいになっている場所です。

_DSC0030
行った日には日本でもある「手作り市」的なものも行われていました。

_DSC0029
可愛いものがたくさん。

_DSC0028

この「華山1914文化創意產業園區」には日本人アーティストも数多く出演している有名なライブハウス「Legacy」もあります。
Legacy Taipei 音樂展演空間

そんな「華山1914文化創意產業園區」は日本統治時代のお酒の工場の跡地だそうです。

國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展へ

さて、ここでは今回の旅の目的「國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展」が行われていました。

_DSC0031 _DSC0032

台湾は街中にあるグラフィックデザインもちょっと日本や中国とは違う感じを受けます。
その原点、教育はどんな感じなのかがずっと気になっていました。

結論から言うと、やはりクオリティは高かったです。(日本の大学の卒展とクオリティという点では変わらないかもしれませんが)
台湾全体にも言える事ですが、キャラクターを使ったデザインが多いと感じました。

では一部をご紹介。(撮影の許可を得ています)

_DSC0037
こちらは小田君というキャラクターを使った「小田基地」というデザイン。

_DSC0038 _DSC0039

小物に至るまで非常に丁寧に作られています。

_DSC0043
子供がスタンプを押せたりできる工夫もされていました。

_DSC0047
こちらは別のデザイン。ロゴタイプが素敵。

_DSC0044
こちらも可愛い。

_DSC0046
やはりキャラクターを使ったデザイン。
楽しんで作ったんだろうな〜というのが伝わってきます。

_DSC0048
こちらは動画もありました。その動画のクオリティがめっちゃ高かった…。

_DSC0050

_DSC0049
こちらも小物もしっかり作られています。

その他の作品もとても良かったです。
デザインを通して感じられるのは台湾の独特の感じと日本と変わらないところ。
なんだかニヤニヤしてしまいます。
繁体字を使った文字組やロゴタイプ、どれも素敵です。

学生たちの作品を一冊の本にまとめてありました。
_DSC0061
その中に…あれ?見覚えのある景色の写真が…。

スタッフに聞くと「それを作った彼氏が日本人だからよ」との事。なるほど。
にしてもまたピンポイント。

この卒展を行っていた建物もとても古い建物でした。
_DSC0064
ボロボロなんですが、とても素敵でした。おそらく日本時代のものです。

_DSC0067

_DSC0069
「華山1914文化創意產業園區」、おしゃれなお店もたくさんあり、ライブをやっていたり、大道芸人が手品をしていたり、なんだかゆったりしていて、とても心地の良い空間でした。
もっとゆっくり見ていきたかったのですが、週末2日間を使っての旅という事で、足早に次の目的地へ。

まだ踏み入れた事のない土地、「宜蘭」へ

さて、2日間しかない旅。この旅では「まだ行った事のない場所に行こう」と決めていました。
とはいえ、当日どこに行くか考えながら旅するという…なんとも無計画なもの。

台湾の西側より、以前行った「花蓮」や「臺東」が素敵だったので、今回も東側を攻めたいと思い、以前電車で通り過ぎた「宜蘭」へ行く事に。
_DSC0070
という事で、さっそく台北までもどって「宜蘭」へ出発です!

この「宜蘭」もとても良い街でした。また次回!

台北から初めての宜蘭へ、日本時代が多く残る街を観光

2016.01.30

前回の記事はこちら

LCCで週末弾丸貧乏ツアー!台北駅周辺で腹ごしらえ

2015.08.29