LCCで週末弾丸貧乏ツアー!台北駅周辺で腹ごしらえ

五月天の日本武道館ライブへの行きしなの空港で書いています。
武道館ライブの妄想記事はこちら

さぁ、土日が休みだ。
東京にでも遊びに行こうか。
ん〜、でも往復30,000円かぁ(神戸からの場合)
だったらPeachでそんなに変わらない値段で台湾に行けるし、台湾に行こう!

ぶら〜り、週末台湾の旅へ!

01
いつものパターンです。
そんなこんなで、6月の土日に今年初めての台湾へ行ってきました。
タイトルには「ぶらり」なんて書いてますが、正直弾丸トラベルです。
それでも2日間ながら台北〜宜蘭〜基隆と、それなりに濃い旅をすることができました。

今回の旅の目的

いつも何かと理由をつけて台湾に行っている…何かしら目的がないと、やっぱり大好きな台湾にも行く気がなかなか起こらない…ということで、今回の旅は目的を2つ設定。

・國立台灣師範大學設計學系(デザイン学科)の卒業制作展を観に行く事。
・これまでの台湾の旅でまだ訪れていない街を訪れる事。
訪れた街の履歴はこちら

と、言うことで、さっそくチケットを買ってレッツゴー!
ちなみに、今回の旅費は昨年末に購入していた台湾行きの旅行がキャンセルになった際のPeachポイントが残っていたので、実質、空の便の交通費はタダで行くことができました。(いや、年末に払ってるんですけどね)

と、言うことで、台湾桃園空港に到着

久しぶりの台湾。
飛行機を降りた瞬間の、湿気を多く含んだモヤっとした暑い空気と、台湾独特の匂い(なんだろう、土や植物の匂いなんだろうか)を嗅いだ瞬間に「あぁ、また来れた」という気持ちになります。そして、子供の頃に夏休みに田舎に帰った時のようなワクワクした気分になります。
この歳になってもここに来ると探究心が湧き上がってきます(危険)

で、まずいつもすることが中華電信(台湾の通信会社)のSIMカードをゲットすること。
昔は台湾へ行く際にはいつもグローバルWifiという会社のポータブルWifiをレンタルしていました。

GLOBAL Wifi公式サイト

ところが、台湾にはかなりの回数行っていて、毎回それなりにお値段がかかってくる(台湾で3G回線、大体3日間だと4000円くらい)ことや、レンタル、返却の手間(と言っても関空で返せるんですが)を考えて、自分で海外用の携帯を買って持った方が得だ!ということにやっと気づいたのでした。

ということで、SIMフリーのASUSのzenfone5を購入。

こちら、超便利です。本体価格が20,000円を切っている時点でありえないほど安い…のに、機能は全くもって問題なし。これを購入してから完全に元をとっています…
そう、このカウンターに並ぶ時間以外は…。
02

ということで、前に並ぶ香港人に紛れて30分ほど並び、やっとのことでSIMカードを購入。
ちなみに、3日間で300元(990円)でネット使い放題です。
これでzenfoneからテザリングでiPhoneやMacを使います。

バスで台北へ移動

桃園から台北へバスにて移動。あっつい!台湾は6月なのにもう真夏です。
03

桃園から台北へのバス移動、これがちょっとだけいつも不便を感じます。高雄の場合はMRTに乗ればすぐ市内…その辺も含めて最近高雄ばっかりに行きがちでした。
どうやら、今年の12月には空港から台北市内へのMRTも開通するようです。ようやく便利になりそう!

台湾・台北、台北市内~桃園空港を結ぶ「桃園空港MRT」2015年末開業予定(Travel Vision)

台北駅の構内に入ると、たくさんの人が床に座ってゴロゴロしていました。
04
確かに床は冷たくて気持ちいいもんね〜(猫か)
でも、ゴロゴロしたい気持ちも分かります。本当に暑い。

さっそく目的地へ!…の前に腹ごしらえ

今回の一つ目の目的地、國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展を行っている華山1914文化創意產業園區へはMRTで向かいます。「台北」〜最寄りの「忠孝新生」駅までは約25分です。
MRTに乗る前にまずは腹ごしらえ。
ということで、台北駅から街の方へでてきました。

05

とにかく暑いので、まずはお茶屋さんでレモンジュースを購入。
06

そのあと、台北駅周辺のお店でなんか美味しそうな物はないかブラブラし、お弁当屋さんに。
07
60元のお弁当を購入。

08
ご飯の上にたっぷりのお肉と野菜を炒めたものを載せてくれます。

とりあえず、お弁当と飲み物をゲットしたので、MRTに乗って「忠孝新生」駅へ。

台湾MRTの駅構内のサイン

台北も高雄もいつもMRTに乗る時に思うのですが、そんなに路線が多くないのもありますが、サインがとても大きくて解りやすい。
11
これなら中国語が解らなくても迷う事はありません。

10
こちらは授乳室など。…日本人ならサインがなくてもなんとなく漢字で解りますが、それでもやっぱり解りやすい。

先日大阪に久しぶりに行き、梅田周辺を歩きましたが、サインはちょっと解りづらい(小さい)。いや、そもそも梅田の街自体が複雑すぎて迷ってしまいます。(いや、俺が方向音痴なだけか)
梅田も駅周辺がどんどん綺麗になっていってるので、その辺も改善されると良いけど。

ドラゴンクエストの広告

MRTの駅構内から街へ上がる手前にドラゴンクエストの広告が。

12
「中文版来了!(中国語版キター!)」って書いてます。

13
この広告新宿でもやっていたようです。結構おもしろくて、プチプチがたくさん並んでます。

14
拡大するとスライムになっているという…面白い!

目的地「華山1914文化創意產業園區」へ

華山1914文化創意產業園區

15
ここ、台北のアートスポットらしく、とっても楽しかったです!
超オススメです!

という事で、こちらと國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展のご紹介は次回に

 

台湾へのPeachもそうですが、LCCは確実に一庶民である私の人生を変えたと思います。本当にありがたいです。

続きはこちら

台北から初めての宜蘭へ、日本時代が多く残る街を観光

2016.01.30

超オススメ!台北のアートスポット華山1914文化創意產業園區で國立台灣師範大學設計學系の卒業制作展を観てきた

2015.11.24