初の高雄!台北が東京なら高雄は大阪?なんか駅まで似てる!台湾高速鉄道で左営駅へ

ユウキ
こんにちは!カワタ ユウキ(@you_kI94)です。

2014年1月18日(土)より関空から高雄までpachが就航しました。

高雄は台湾でも南に位置し、台湾で第2の都市といわれています。

peachならハッピーピーチ(座席指定などがない安価なプラン)で片道7,980円〜32,380円で行けてしまいます。

安い!!

12月の冬の日、寒かった台北を離れて、初めての高雄へ!今回はその時の様子をお伝えします。

台北が東京なら、高雄は大阪?なんか駅まで似てる!

台湾高速鉄道で台北から左営(高雄)へ

前々から高雄が気になってたんです、高雄!

高雄は台北からも新幹線を使えば2時間程度で行けちゃいます。

台北はもう3週間程度滞在した事があり、ある程度観光スポットは行き尽くしてしまっていました。

新たな台湾を知る為に、さっそく新幹線に乗って高雄へ!(実際には左営駅を目指します。左営駅から高雄まではMRTで少しの距離です。)

台湾の新幹線と言っていますが、正式には「台湾高速鉄道」と言います。

【台湾高速鉄道公式サイト】

車両は700T型と言って日本のJRの700系の改良型です。

川崎重工や日立なんかが製造に携わっています。

乗り心地は日本の新幹線と変わりません、むしろとても心地良いくらい。

JRと台湾高速鉄道とで日台交流

実は、この前日まで、台湾高速鉄道でJR九州の乗務員の方達が研修を行なっていたようです。

【「JR九州乗務員ら、台湾新幹線での研修終えて涙のお別れ」フォーカス台湾】

来月にはJR九州へ、台湾高速鉄道の乗務員の方々が来るみたいですね。

良いですね、こういう企業間の交流もバンバンやってほしいと思います。

日本の新幹線との違いは?

日本の新幹線との違いと言えば、やはり価格差。

台北〜左営間の自由席が1,580台湾元で、約5,500円です。

日本であれば、乗車券は同じ距離で同じぐらいの金額ですが、そこに特急料金が加算されます。

それを考えると、やはり安く感じてしまいます。

車窓からの景色は、南国の植物が見えて、日本と似た田舎景色でもなんか違う感じがします。

台湾の鉄道旅行で定番の駅弁

行きは台北駅で購入した駅弁を食べて行きました。

私は右のお弁当を食べました。これが美味しかった。

日本のお弁当に比べると見た目にはこだわりはないですが、このぶち込み感もまた好きです。

お肉は骨付き、ご飯には小さなエビが混ぜ込まれています。

玉子はおでんのような味がついています。

なんか大阪に似てる?左営駅に到着

さて、左営駅に到着。写真は左営駅のホームから改札階へ上がるエスカレーター。

なんか、この時計の感じとか屋根の感じとか、大阪ステーションシティに似てません?

よっしゃ〜!高雄ついた!と思いきや、出迎えてくれる広告の人が和服着てる(笑)

それもそのはず、ダイキン工業の広告でした。

台湾は日本の会社・お店が大量にあり、日本語の広告も大量にあります。

改札を出るとすぐにスタバが、その他にはセブンイレブンがありました。

本当に大阪ステーションシティに似ていますね…というより空港を意識した作りなのか。

さて、高雄の旅2013冬、ここから始まります。

続きはこちら

こんな駅初めて!!台湾高雄のアートな駅・地下鉄「美麗島駅」

2014.01.07
ユウキ
日本ブログ村のランキングに参加してます!

記事が良かったら是非クリックしてくださいね!

台南 高雄 とっておきの歩き方 台湾南部の旅ガイド (地球の歩き方GEM STONE)

新品価格
¥1,620から
(2017/9/23 12:17時点)

こんな駅初めて!!台湾高雄のアートな駅・地下鉄「美麗島駅」

2014.01.07

2013年台湾旅行記・冬の高雄へ3

2014.01.15

2013年台湾旅行記・冬の高雄へ4

2014.01.19